FX速報

 現役FX投資家がForeX(margin Foreign eXchange trading:外国為替証拠金取引)に関係しそうな政治・経済ニュース、指標発表の市況やその他、金融・投資系などの時事ネタの速報をマイペースにまとめていきます。当サイトの目玉カテゴリは"市況2"です。指標発表時の阿鼻叫喚している様子をどうぞご覧ください。



スポンサードリンク


2012年10月

「日本の二の舞となってはいけない」と米経済界 米大統領選、討論会での中国批判に懸念の声

1: 名無しさん@13周年 2012/10/29(月) 11:54:59.27 ID:???0
 米大統領選 討論会での中国批判に米経済界から懸念の声です。
アメリカ大統領選挙、第3回の討論会が行われ、外交政策では、特に中国批判がエスカレートしました。
アメリカの経済界からは、これに対して懸念の声が上がっています。

 政治家が中国に強い態度で出ようとする傾向は、アメリカでも強まっている。
特にロムニー候補は、厳しい口調で中国を批判している。
共和党のロムニー候補は「大統領に就任した初日に、中国を為替操作国と認定します。
中国は、アメリカの雇用や知的財産、特許やデザインを盗み、コンピューターにハッキングし、
コピー商品を作っていることに対して、懲罰的関税を課すことができます」と述べた。

 一方のオバマ大統領は、現政権は通商政策において、これまでになく中国に強い圧力をかけていると反論した。
当の中国は、オバマ氏が大統領に就任した2009年以降、人民元は対ドルでおよそ8.5%上昇しているため、ロムニー氏の攻撃を的外れだと反論。
また、ロムニー候補が主張する元高は、アメリカ企業にとって必ずしもマイナスとはかぎらない。

 中国でビジネス展開するアメリカ企業にとって、元高でコストが上がれば打撃となる。
JPモルガン・チェース・インターナショナルのジェイコブ・フレンケル会長は
「過去10年にわたって、中国は、アメリカに脅威よりもむしろ機会を与えてきました。
10年から20年前までは、アメリカから中国への輸出は全体の5%でしたが、今では20%にも達しています」と述べた。

 キャタピラーのダグ・オーバーヘルマンCEO(最高経営責任者)は
「アメリカと中国は、お互いにとって不可欠の存在で、中国の重要性は日増しに高まっています。
にもかかわらず、お互いを名指しして中傷をエスカレートさせて、通商障壁が作られてしまえば、みんなが困るのです」と述べた。
ロムニー氏とオバマ大統領、どちらに軍配が上がっても、いったんホワイトハウスに入れば、中国批判は影を潜めるとの声もある。

 ただ、日本の自動車メーカーが、反日デモ以降、中国の売り上げを大きく落としたのを見て、
アメリカの経済界からは、「日本の二の舞となってはいけない」との焦りが感じられる。

FNN http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00234338.html

参照スレッド
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1351479299/
続きを読む

麻生元総理「来年度の予算編成を今の政権にさせるつもりはない。経済成長につながる予算編成ができるとはとても思えない」

1: 名無しさん@13周年 2012/10/29(月) 10:25:39.89 ID:???0 BE:145507722-PLT(12066)
自民党の麻生太郎元総理は例会で「多くの方は来年度の予算編成を今の政権にさせるつもりはない」とするとともに「国益に資する経済成長につながる予算編成が(現政権に)できるとはとても思えない」と酷評した。

また、内閣改造があり、自民では総裁選挙が行われ「それぞれ新しい体制がスタートしたが、この政権が続く限り、景気は良くならない」とし
「景気が良くならない状況下では消費税率もあげられない。すべて連鎖している。
なんとか話し合いでと思ってもこの1年あまりの行動をみれば、むなしいものでしかなかった」と信頼関係が成り立たないと野田政権を批判。

麻生元総理は「もう同じような手口には乗れない」とし「景気が良くなる予算編成を(われわれが)したい」と解散総選挙で政権奪還を果たし、
来年度予算編成を自民で行いたい意向を強調した。(編集担当:森高龍二)

サーチナ 【政治ニュース】 2012/10/28(日) 16:10
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=1028&f=politics_1028_005.shtml

参照スレッド
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1351473939/
続きを読む

野田佳彦首相、所信表明演説 日本経済の再生を「取り組むべき現下の最大の課題」と位置付け…衆院本会議

1: 名無しさん@13周年 2012/10/29(月) 15:36:53.76 ID:???0
★ 首相、日本経済再生へ決意示す 所信表明演説

 野田佳彦首相は29日午後、同日召集された臨時国会の衆院本会議で所信表明演説に臨んだ。
日本経済の再生を「取り組むべき現下の最大の課題」と位置付け、デフレと円高からの脱却へ決意を示す。
自民、公明両党首との会談で解散時期を巡って提示した赤字国債発行法案、「1票の格差」是正、社会保障制度改革国民会議に関しても改めて協力を求める。

 経済再生については「切れ目のない経済対策は改革を断行するための将来投資だ」と主張。
日本再生戦略で決定した環境・エネルギー、医療・介護、農林漁業の重点分野に政策資源を投入する考えを改めて表明すると共に、11月に取りまとめる経済対策にも触れる。
日銀との関係を巡っても「さらに一層の緊密な連携を図る」との姿勢を重ねて示す。

 赤字国債発行法案については一刻も早い成立へ協力を求めると共に、
「政治的な駆け引きの材料にしてしまう悪弊を断ち切ろうではないか」と法案のあり方に関する議論の必要性を訴える。

 社会保障と税の一体改革に関しては「(民主、自民、公明の)3党合意を基礎に、
残された課題についてさらに議論を進めなければならない」として、
社会保障制度改革国民会議の早急な立ち上げへ協力を要請する。

 今後のエネルギー・環境政策については「東日本大震災後の日本の現実に合わせて
再構築しなければならない。
原発に依存しない社会の実現に向けて大きく政策を転換する」と述べ、
2030年代に原発稼働ゼロを目指す「革新的エネルギー・環境戦略」を踏まえて遂行する考えを示す。

 外交に関しては「高いレベルの経済連携を引き続き推進する」として環太平洋経済連携協定(TPP)と
日中韓自由貿易協定(FTA)を同時並行で進めると共に、欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)の早期交渉開始も目指す。

 批判が高まっている東日本大震災の復興予算の使い道については
「被災地が真に必要とする予算はしっかりと手当てしつつ、
それ以外については厳しく絞り込んでいく」としている。

日経QUICKニュース(NQN)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFL290CP_Z21C12A0000000/

参照スレッド
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1351492613/
続きを読む


スポンサードリンク

忍者ボタン
About
当サイトについて

当サイトの記事は
"2chまとめすく"を使用して作成しています。いつもお世話になります。

記事検索
最新コメント
FX為替情報ランキング
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
お世話になってます
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセス推移

    スポンサードリンク


















    • ライブドアブログ