FX速報

 現役FX投資家がForeX(margin Foreign eXchange trading:外国為替証拠金取引)に関係しそうな政治・経済ニュース、指標発表の市況やその他、金融・投資系などの時事ネタの速報をマイペースにまとめていきます。当サイトの目玉カテゴリは"市況2"です。指標発表時の阿鼻叫喚している様子をどうぞご覧ください。



スポンサードリンク


コラム

【経済予測】上がり始めた株価、本番はこれから…森永卓郎氏「日経平均2万5000円も」 [03/24]

1: きのこ記者φ ★ 2013/03/24(日) 19:29:27.99 ID:???
日本株の独走が止まらない。昨年の11月以来、何と12週間続いた上昇は、世界の市場でもぶっちぎりの勢いだ。
もちろん、ここからさらに上がるのか、半信半疑の人もいるだろう。ここ数年の日本株の値動きを見続けてきた投資家なら当然だ。

だが、日本経済がついに「デフレ脱却」へと舵を切ったいま、弱気になる必要はない。
事実、投資の専門家たちの多くは、「本番はこれからだ」と見ている。まずは、経済アナリストの森永卓郎氏。

「上がり始めたといっても、今の日本株はバブルと呼べる段階には遠く及ばない。これまで売り込まれてきた株価が適正水準に戻るだけで、日経平均株価は2万5000円も目指せる」

カブ知恵代表・藤井英敏氏も強気だ。
「米欧が金融緩和を続けるなか、ようやく日本にも『アベノミクス』というバブル発生装置が整った。少なくともあと2~3年は、1980年代後半のバブル相場に匹敵する大相場が期待できる」

とはいえ、すべての株が一律に上がるわけではない。すでに高値圏にあり投資妙味の少ない株がある一方で、今後1年のうちに株価が何倍にも跳ね上がる株もあるだろう。
それをどう見極めるかが、資産運用で勝ち組と負け組を分ける大きなポイントとなる。

http://news.mynavi.jp/news/2013/03/24/016/index.html

参照スレッド
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1364120967/
続きを読む

経済アナリスト・森永卓郎氏「日経平均2万5000円ある」

1: シャルトリュー(家) 2013/03/24(日) 12:17:41.80 ID:SokMDv9T0 BE:1010689128-PLT(12122) ポイント特典
日本株の独走が止まらない。昨年の11月以来、何と12週間続いた上昇は、世界の市場でもぶっちぎりの勢いだ。
もちろん、ここからさらに上がるのか、半信半疑の人もいるだろう。ここ数年の日本株の値動きを見続けてきた投資家なら当然だ。

だが、日本経済がついに「デフレ脱却」へと舵を切ったいま、弱気になる必要はない。
事実、投資の専門家たちの多くは、「本番はこれからだ」と見ている。まずは、経済アナリストの森永卓郎氏。

「上がり始めたといっても、今の日本株はバブルと呼べる段階には遠く及ばない。
これまで売り込まれてきた株価が適正水準に戻るだけで、日経平均株価は2万5000円も目指せる」

カブ知恵代表・藤井英敏氏も強気だ。

「米欧が金融緩和を続けるなか、ようやく日本にも『アベノミクス』というバブル発生装置が整った。
少なくともあと2~3年は、1980年代後半のバブル相場に匹敵する大相場が期待できる」

とはいえ、すべての株が一律に上がるわけではない。

すでに高値圏にあり投資妙味の少ない株がある一方で、今後1年のうちに株価が何倍にも跳ね上がる株もあるだろう。
それをどう見極めるかが、資産運用で勝ち組と負け組を分ける大きなポイントとなる。
http://www.news-postseven.com/archives/20130324_176284.html

参照スレッド
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1364095061/
続きを読む

【政治】 アベノミクスでは「2%のインフレ」は無理? 幸福実現党の経済政策と「アベノミクス」は方向性が似ている

1: 丑原慎太郎φ ★ 2013/03/24(日) 09:10:29.06 ID:???0
★アベノミクスでは「2%のインフレ」は無理? 成長戦略で日銀に援護射撃を

 日銀の黒田東彦新総裁は21日、就任記者会見を行った。
黒田氏は、2年で2%の物価上昇率目標を達成するために「あらゆる手段を講じる」と表明。
日銀のこれまでの政策を転換し、積極的な金融緩和を行う決意を語った。

量的緩和によるデフレ脱却への期待から、3月に入って日経平均株価は1万2千円を突破。市場の期待が高まっている。
一方で、この目標が達成可能かどうかも議論されている。麻生太郎財務相は22日の記者会見で、
日銀の物価上昇率目標について言及。財政出動や成長戦略なしでは「かなりの時間がかかる」として、
日銀だけでなく、政府の努力も必要との認識を示した。

物価を押し上げるには、供給以上に投資や消費の需要を高める必要がある。
日本経済研究センターの試算によると、2年でインフレ率を2%にするには、2年続けて4%の実質経済成長が必要だという。
しかし、自民党が2012年の衆院選で掲げた公約には、経済成長に関する政策について、
「名目経済成長率で3%以上を目指す」とあり、これでは物価上昇率の目標を達成できない。

さらに自民党は、消費税増税を実施しようとしている。
消費税率が上がると消費や投資が冷え込み、物価目標は達成できないだろう。政策自体がチグハグであるのだ。

一方、幸福実現党は大規模な成長産業への投資によって「名目7%成長」を目指すとしている。
幸福実現党の経済政策と「アベノミクス」は方向性が似ているが、経済成長の目標が低ければ、2%のインフレ目標は達成できないのである。

やはり景気回復には、国家の大きな成長ビジョンが不可欠だ。
単なる公共投資にとどまらず、宇宙開発やリニア新幹線の建設前倒しなどに国家プロジェクトとして取り組み、投資すべきだ。
政府は、現在の景気対策だけでなく、将来の新産業を生み出すことも考えるべきである。(晴)

ザ・リバティweb http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=5765

参照スレッド
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1364083829/
続きを読む


スポンサードリンク

忍者ボタン
About
当サイトについて

当サイトの記事は
"2chまとめすく"を使用して作成しています。いつもお世話になります。

記事検索
最新コメント
FX為替情報ランキング
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
お世話になってます
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセス推移

    スポンサードリンク


















    • ライブドアブログ