FX速報

 現役FX投資家がForeX(margin Foreign eXchange trading:外国為替証拠金取引)に関係しそうな政治・経済ニュース、指標発表の市況やその他、金融・投資系などの時事ネタの速報をマイペースにまとめていきます。当サイトの目玉カテゴリは"市況2"です。指標発表時の阿鼻叫喚している様子をどうぞご覧ください。



スポンサードリンク


英国

【為替】「最弱通貨」は日本円でなく英ポンド、売り材料多く [13/03/14]

1: 依頼@@@@ハリケーン@@@φ ★ 2013/03/16(土) 08:32:20.05 ID:???
[東京 14日 ロイター] 外為市場では、主要通貨の中で最も下げ余地があるのは
日本円ではなく、英ポンドであるとの見方が浸透している。経済指標は振るわず、金融危機
以降3度目のリセッション(景気後退)が懸念されており、イングランド銀行(BOE、
中央銀行)による追加緩和観測も強い。

一方、円は昨年11月以降、大きく売られてきたが、「大胆な金融緩和」は織り込まれつつ
あり、これまでのような急速な円安は再開しにくいという。

<3度目のリセッションと金融緩和観測>

英ポンド/ドルは年初から下げ基調を強め、12日には1.4832ドルまで下落。年初
からの下落率は8.6%に達した。2009年1月の安値1.3500ドルと2010年
5月の安値1.4228ドルを結んだサポートラインを明確に割り込み、市場ではなお
下落余地があるとみられている。

英ポンドは売り要因に事欠かない状況となっている。12日には1月の英製造業生産指数が
前月比1.5%低下。前年比でも3%低下した。いずれも下げ幅が6月以降で最大となり、
2008年の金融危機以降3度目となるリセッションへの懸念が高まっている。国際金融
情報センターの越前隆也調査部長は、米国や中国の景気が立ち上がりつつあるが「輸出に
よる景気回復は期待できない」と指摘する。英国にとって最大の輸出相手はユーロ圏で、
米中向け輸出は2割程度にとどまるからだ。

3月、BOEの金融政策委員会(MPC)では量的緩和の拡大が見送られたが、2月の
MPCではキング総裁を含めた3名のメンバーが量的緩和拡大を支持しており、3月の
議事録でも緩和強化の支持メンバーが増える可能性がある。キング総裁が6月に退任する
までに、量的緩和拡大がなされるとの見方は根強い。

オズボーン英財務相は20日に予算案を発表するが、景気刺激の一環として、英中銀の
責務見直しを発表する可能性も指摘されており、英中銀に課するマンデートが雇用や成長に
まで拡大する場合には一気に緩和観測が高まる事態になる。

足元では、米国で雇用統計、小売売上高と良好な経済指標が続出。アナリストは、米国の
1―3月期実質国内総生産(GDP)の見通しを引き上げている。米国と英国とは、景気も
金融政策も方向感が好対照なため、ポンド売り/ドル買いは「わかりやすい組み合わせ」
(国内金融機関)と認識されている。

ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130314-00000126-reut-bus_all
no title


(つづく)

参照スレッド
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1363390340/
続きを読む

【金融】アベノミクスが危険なこれだけの理由 英Financial Times紙[13/03/04

1: のーみそとろとろφ ★ 2013/03/05(火) 17:38:45.31 ID:???
(2013年3月1日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

 通貨を押し下げ、新たな財政刺激策に乗り出す首相の決意を、多くの日本人投資家が歓迎した。
昨年12月に安倍晋三氏が首相に選ばれてから、TOPIX(東証株価指数)は22%上昇し円相場は劇的に下落した。
今後は、財務省の元キャリア官僚で次期日銀総裁に指名された黒田東彦氏が、さらに積極的な量的緩和策を指揮する見込みだ。

■政策の多くは過去に失敗

 もっとも、懐疑的な向きもある。不十分な構造改革や不利な人口動態、低い生産性、中国や韓国など近隣諸国の競争上の脅威などから、
こうした政策は悪影響を相殺しないまま金利の上昇を招くと見る。

 何年もの間、日本円と日本国債の空売りは損失が膨れ上がる「墓場トレード」と見なされてきた。
ところがアベノミクスという、素晴らしいが決して新しくない世界のおかげで円売りは利益を上げ、
日本に対する弱気筋は弱気な賭けの対象を日本企業に広げている。

 こうした投資家のポジションは、政府の施策にどれだけ大きな利害が絡むかを示すとともに、
新政権が日本を持続的で高い成長の軌道に乗せる可能性に悲観的な運用担当者やエコノミストが多い理由を物語る。
その理由とは、政府が掲げる政策は過去に失敗した応急措置が多く、長年にわたる低成長やマイナス成長を経て、以前より危険になった対策であることだ(そして現在、日本はマイナス成長が3四半期続き、再び景気後退に陥った)。
■金利上昇を招きかねない円安

 いくつかの面で、確かに円安は日本の輸出企業の収益に貢献する。ただ、そうした効果はある意味でうわべだけだ。
それよりも、魅力的な製品を生みだし、価格の決定力を持つ方がずっといい。さらに、円安は純粋に恩恵ばかりではない。
日本は依然として原材料の輸入に頼っている。福島の原発事故で原子力発電は大幅に削減され、
エネルギーの輸入にさらに頼るようになった。円安で貿易収支と経常収支の双方に大きな圧力がかかる。

そのうえ、もし政府が望むように円安が続けば、外国人投資家は為替サイドのリスクの補償として高いリターンを望むだろう。
こうした資金は市場に流れ込む投資のごく一部だが、変化は常に周辺から始まるものだ。
金利の上昇は、政府にとっても、借り入れすぎの日本企業にとっても問題だ。
こうした企業が、新政権の政策に納得しない投資家の標的だ。

■景気対策は不発、給料は上がらず
 政府の支出政策も、お粗末な結果に終わりそうだ。これまでの景気刺激策は建設業界など既得権益者の要求を反映したもので、乗数効果がゼロだった。こうした事業は、コンクリートで舗装された川や山間の小川にかかる立派な橋といった日本らしい景色を生んだ。
実際には、こうした政策は逆効果だった。
不要な工事の代金を払うための増税を見越して、消費者はもっと倹約せざるを得ないと考えたからだ。

続きます>>2-3
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM01056_R00C13A3000000/

参照スレッド
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1362472725/
続きを読む

【格付け】イギリス国債格付け、最上位から転落 経済停滞と米格付け会社ムーディーズ[13/02/23]

1: ウィンストンρ ★ 2013/02/23(土) 09:27:32.71 ID:???
【ニューヨーク共同】米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは22日、英国債の格付けを最上位の「Aaa」から、「Aa1」に1段階引き下げたと発表した。
経済の停滞や財政状況の悪化を理由に挙げた。将来の見通しは「安定的」とした。

ムーディーズは、英経済の中期的な成長見通しについて、低迷が2010年代後半まで続くと予想。2016年以前の段階で財政状況が好転するとは考えにくいと指摘した。

ムーディーズは昨年2月、欧州債務危機を背景に英国の格付け見通しを格下げの可能性がある「ネガティブ(弱含み)」としていた。

ソース 47NEWS
http://www.47news.jp/CN/201302/CN2013022301001244.html

参照スレッド
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1361579252/
続きを読む


スポンサードリンク

忍者ボタン
About
当サイトについて

当サイトの記事は
"2chまとめすく"を使用して作成しています。いつもお世話になります。

記事検索
最新コメント
FX為替情報ランキング
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
お世話になってます
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセス推移

    スポンサードリンク


















    • ライブドアブログ