FX速報

 現役FX投資家がForeX(margin Foreign eXchange trading:外国為替証拠金取引)に関係しそうな政治・経済ニュース、指標発表の市況やその他、金融・投資系などの時事ネタの速報をマイペースにまとめていきます。当サイトの目玉カテゴリは"市況2"です。指標発表時の阿鼻叫喚している様子をどうぞご覧ください。



スポンサードリンク


日銀政策

【経済】日銀、黒田東彦新総裁のもと新体制発足 「リフレ政策」に転換へ[03/21]

1: はだしのコラーゲン(130401)φ ★ 2013/03/21(木) 12:17:26.68 ID:???
日本銀行は、黒田東彦(はるひこ)新総裁のもと、20日、新しい体制を発足させた。

19日退任した白川前総裁の後任として、20日付で、前アジア開発銀行総裁の
黒田東彦氏が、第31代の日銀総裁に就任した。

日銀は、新体制のもと、金融緩和で緩やかなインフレを起こし、景気回復を目指す、
「リフレ政策」に転換する。

日銀は今後、臨時会合の開催を検討するほか、4月3日から開かれる金融政策決定会合で、
デフレ脱却に向けた新しい枠組みの導入を打ち出す見通し。


フジテレビ系(FNN) 3月20日(水)12時37分
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20130320-00000524-fnn-bus_all

参照スレッド
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1363835846/
続きを読む

【経済】日銀の白川総裁が退任会見 リフレ政策に懸念の発言

1: おばさんと呼ばれた日φ ★ 2013/03/19(火) 23:12:38.57 ID:???0
日銀の白川方明(まさあき)総裁は19日の退任記者会見で、日銀が市場の期待に働きかけて物価上昇を目指す手法について「そうした市場観や政策観に私は危うさを感じる」と述べた。20日に就任する黒田東彦(はるひこ)新総裁らが志向する「リフレ政策」の先行きに懸念を表明した発言といえる。

日銀はデフレ脱却に向けて2%の物価上昇目標を設定したが、白川氏は「マネタリーベース(お金の供給量)を増やせば物価が上昇するというリンク(相関関係)は断ち切られている」と指摘した。デフレの原因については「すべての経済現象を貨幣現象だけで説明できるわけではない」と説明し、金融政策だけでデフレは克服できないとの考えを重ねて強調した。

白川氏の本来の任期は4月8日までだが、山口広秀、西村清彦の両副総裁が3月19日に任期満了となるため、新体制への移行をスムーズにするため前倒し辞任する考えを示していた。

ソース
http://mainichi.jp/select/news/20130320k0000m020042000c.html

参照スレッド
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1363702358/
続きを読む

【金融政策】日本銀行「量的緩和策」の復活 緩和に新枠組み 資金供給量拡大に軸足〔13/03/16〕

1: ウィンストンρ ★ 2013/03/16(土) 16:38:26.67 ID:???
15日に国会で承認された黒田東彦新総裁下の日銀は、脱デフレに向け大胆な金融緩和を進めるため、現在の「包括緩和策」に替わる新しい緩和の枠組みの導入を検討する。
国債など資産買い入れを大幅に強化し、市中への資金供給量を増やすことに緩和の軸足を置く。
日銀が01年から5年間行った「量的緩和策」の復活とも言え、世の中に出回るお金の量を大幅に増やすことで企業や消費者のインフレ期待を高め、物価上昇率目標2%の早期達成を目指す。

具体的には、日銀が「包括緩和策」として行う資産買い入れ基金による国債購入と、日々の資金調節のための公開市場操作(オペ)による国債買い入れ機能を統合。
物価目標達成に向け期限を定めずに毎月一定額の国債を買う「無期限緩和」などの施策を推進する。黒田新総裁が初めて議長を務める4月3、4日の金融政策決定会合で議論に入る。

また、脱デフレの決意を示すため、1月に決めた物価目標2%が柱の政府との「共同声明」を修正、達成期限を「2年程度」と明記する案も出ている。

「包括緩和策」はデフレ深刻化を受け、日銀が10年10月に導入。事実上のゼロ金利政策に加え、「資産買い入れ基金」を設け、国債のほか、上場投資信託(ETF)などの損失リスクの
高い資産も買い入れるのが特徴。基金の買い入れ規模は当初の35兆円から100兆円以上に膨らんだが、国債は購入対象が満期まで3年以内に限るなどしているため
「デフレ脱却に不十分」との指摘もある。

日銀は従来、緩和のための「基金」と、通常のオペを区別。オペで買い入れる長期国債保有額は銀行券(お札)の発行残高以下に抑えてきた。
しかし、資金供給量の拡大を重視する「黒田日銀」は新たな緩和の枠組みでこの制約を撤廃する方向だ。【三沢耕平】

ソース 毎日新聞
http://mainichi.jp/select/news/20130316k0000m020132000c.html

参照スレッド
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1363419506/
続きを読む


スポンサードリンク

忍者ボタン
About
当サイトについて

当サイトの記事は
"2chまとめすく"を使用して作成しています。いつもお世話になります。

記事検索
最新コメント
FX為替情報ランキング
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
お世話になってます
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセス推移

    スポンサードリンク


















    • ライブドアブログ